スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

思い出。

日に日に犠牲者の数が増え、さらに原発も予断を許さない状況に。
嵐丸もテレビの緊急地震速報の音に反応するようになってしまいました。
ウチは輪番停電のエリアには入っていないのですが、せめて自分にできることを、と節電しまくる毎日です。
(携帯に緊急地震速報の機能がついていないため、TVだけはつけっぱなしですが)

不安な気持ちに変わりはないですが、被災した方たちの不安さに比べれば、と思い頑張ることにします。


こんな状況の中、不謹慎かもしれませんが、今日はちょっとだけ思い出に浸らせてください。

今日、3月16日は初代ワンコ苫(トマ)の命日です。
2年前の今日、虹の橋へと旅立っていきました。
15歳と半年の犬生でした。

苫 2007.3.4

苫は私が学生のころ、実家に下着泥棒&お風呂覗きが入ったために、番犬としてもらわれてきたコでした。
小さい頃からずっと犬を飼いたかった私は、下着泥棒に感謝したくらいです(笑)。

もらってきてから一週間ほどは夜鳴きがひどく、私と母が交互に起きて、苫を抱っこしてこたつに入ってました。

暖かくなったら外で飼おう、と言っていましたが家の中にいついてしまいました。
半室内半室外犬です。出し入れする飼い主は大変でした・・・。

苫が特に懐いていたのは私と母=散歩係とごはん係。
私が実家を出てしまってからも、私が戻るたびに大歓迎してくれました。

数少ないお友達ワンコを除いては、基本的に家族以外に懐かないコだったので、番犬としては役立ってくれたと思います。
毎週来る生協さんにも吠えまくるのはどうかと思いましたが・・・。

苫 2008.1.3

ほとんど病気・怪我のない健康なコでしたが、事故が起こったのは4年前の6月。
父親が庭木にまいた除虫剤での中毒、と思われます。
父親は長年薬品会社で研究職に携わったためか、嗅覚がなくなってしまっています。
なので、おそらく除虫剤の希釈濃度を間違えたのではないか、と。
そして運悪くトイレで庭に出た苫が草を舐めるか体についてしまった除虫剤を舐めるかしたのでしょう。

苫は13歳という高齢ではじめて入院し、その後も1週間以上生死の境をさまよいました。
食べ物もほとんど受け付けず、立つこともままならず、立っても風に吹かれて倒れるという状態でした。

が。

強い子でした。

平衡感覚が少しおかしくなってしまったのか、顔をほんのちょっと左に傾けるという後遺症は残ったものの、元気になってくれました。
その後も暑い夏・寒い冬を乗り越えてくれました。

私が最後に苫を見たのは、2009年3月1日。
苫 2009.3.1

前年の夏以降、かなり弱ってきていた苫。
食事もどんどん食べなくなり、トイレ以外はほとんど寝ているように。
『もう覚悟したほうがいいよ』と親に言われ、週末を利用して苫に会いに帰りました。

私を見てほんの少し尻尾を振り、ほんの少し私の手を舐めてくれました。

そして・・・

2009年3月16日。
奇しくも私が職場の学校の卒業式で、ちょうど卒業証書の授与が行われいたであろう時間。

私が見守る卒業生の旅立ちにまぎれるかのように、苫もそっと旅立ちました。

この日のこのタイミングを旅立ちのときに選んだのは、苫の優しさだったのかなと思ってます。
最後の悲しいときを私に見せたくなくて、私が絶対仕事を休めない日を選んだのかなって。



白くてふわふわしてキレイな顔立ちのコでした。
雑種ですが胸元の毛はキャバリア並にふわふわでした。
庭に出ているとき、私が家の50メートル手前から口笛を吹くと、玄関前で大喜びで出迎えてくれました。
よく家から脱走しては入れなくなるコでした。
大雪の日に脱走して入れなくなり、雪にまみれてしょんぼりと玄関前に座ってたコトもありました。
ニンゲンのゴハンが大好きで、人の食事中は片時も横から離れず、おはしを持つ手を自分の手で引っ張っておすそ分けをもらおうとしてました。
豚カツとあんこが大好きでした。
干したお布団に張り付いて離れませんでした。
こたつの中は自分の領地と思っていて、人の足が入ると『ウウ~』っと怒ってました。
頭からこたつに入ってはのぼせて出てきて、『フゥ~』っと大きなため息をついてました。
実家に帰った私が一緒のお布団で寝ると、朝、先に起きて枕元に座って前足でちょいちょいと人の顔を突っついて起こしました。あ、人が寝返りをうつと怒りました。
賢い子で、トイレの失敗は3回くらいで覚えました。お座りなどもすぐに覚えました。
私が心底落ち込んでいたとき、膝の上にそっと顔を乗せて慰めてくれました。


苫。
大好きだよ。この気持ちは過去形にはならない。今でも大好き。
今日本は大変なことになってるけど、負けないように頑張るから。
空の上で見守っていてね。



にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2011-03-16(Wed)
 

コメントの投稿

非公開コメント

No title 

トマちゃん、とっても賢い子だったようですね^^

さぁ~!嵐丸さん!トマちゃんをこえる立派な子になれるだろうか?(笑)

頑張れっ!嵐丸!!(笑)^m^


ほんとに被災地の人たちの事を思うと、心が避けそうですね。。。
涙ばかり出てきます。

私も何もしてあげる事はできませんが、少しでも節電!
管轄は違うかもしれないけど、何かに少しでも約だてるならと!

炊き出しにでも、ボランティアでもいってあげたい気持ちでいっぱいですが、ワンコさん達を連れていくわけにもいかず・・・^^;

一人でも多くの方が、元の生活に早く戻れる事を祈るばかりですね!

ホームスティーでも受け入れしてあげれるのになぁ~^^v


2011-03-16 19:22 | わいんまま | URL   [ 編集 ]

No title 

苫ちゃんとの何気ないけど
愛あふれる生活が浮かんできました。
可愛いやさしいお顔のワンちゃんですね。

2年経って、こうしてたくさんの思い出を語ってもらえて
きっと苫ちゃん喜んでいますね(*^_^*)

ホントに、私たちはこの子たちに癒されて生きてますよね。
2011-03-16 21:44 | raskmama | URL   [ 編集 ]

No title 

苫ちゃんとはぴねすさんとの思い出からは
愛情がいっぱい伝わってきました。
地震で大変な世の中ですが、
苫ちゃんがきっとお空から見守っていてくれていますね。
お互い頑張りましょう!
2011-03-16 23:34 | mugi-biyori | URL   [ 編集 ]

No title 

苫ちゃんのお話、じっくり読ませていただきました。お別れの話、ぐっときてしまいます。苫ちゃん、素敵な顔立ちですね。亡くなった人(犬ももちろん)が見守ってくれてる、と感じること、私にはたまにあります。きっと苫ちゃんが、はぴねすさん家族を見守ってくれているはずですね。

ブログでの話題は「不謹慎と思われるかも」と、私も自分なりに気を使うようにはしています。でも、はぴねすさんの記事で不快になるようなことは書かれていない、と私は思っていますよ。こればかりは受け取り手の感覚にもよるので、難しいところですが…。何でも「不謹慎」といって蓋をしてしまうのも、ストレスになるでしょう。被災地の方々や家族が被災している方の気持ちを考えながら、できることを行動に移すしか今の私たちにはできないと思います。募金や節電をする、マナーを守るなど、間接的なことですが。
ブログの更新、応援しています。


ところで、嵐丸ちゃんのブログを太郎ママと私で見ていて、そのくりんくりんの顔立ち、ルビーちゃんの魅力に心奪われております。しかもまだ成犬になっていないとは言え、結構小さいようでそれもまたかわいくて。現在何キロぐらいですか?
2011-03-17 00:50 | まみ | URL   [ 編集 ]

No title 

うぅ、号泣ですv-406
わんことの思い出って、ほんとそのときそのときが宝物です。
ふとした瞬間に持ってたチョコを食べられてあせったりとか、旅行中誰かがトイレに行っただけで悲しく泣いたりとか、ほんとその子にしかない思い出です。他の犬を飼うから埋められる溝でもないんですよね!トマちゃんのかわいさ、かしこさすっごい伝わります!! 私もペットロス乗り越えられるかわかりませんが、いま一緒にいる子を精一杯愛します☆彡 うちは、初めて飼った子がわずか2週間で亡くなり毎日泣いてました。まだ外の世界も知らない小さな子が亡くなるなんて耐えられなかったです。もちゃに、だいぶ癒してもらいました。
トマちゃん、お空ではぴちゃんと嵐丸ちんを見守っててくれてます☆彡
2011-03-17 01:54 | せーころ | URL   [ 編集 ]

Re: No title 

わいんままさん

はい、賢いコでした。
嵐丸にも見習ってもらいます!

今、現地に入っている動物レスキューの団体もいるようです。
その中にはシェルターを持ってない団体もいて、一時預かりしてくれる家庭を探しているようです。
もし可能なら、わいんままさんの所でも・・・。
ウチはマンションで2匹は無理なので、せめて動物愛護協会に義援金を送ろうと思います。



2011-03-17 08:54 | はぴねす | URL   [ 編集 ]

Re: No title 

raskmamaさん

ホント、苫との思い出は消えることがないです。
思い出そうとするととても鮮やかによみがえってきます。
思い出すとまだ涙があふれるけど(昨日も書きながら泣いてしまいました)、それでも暖かな大切な思い出です。
虹の橋のたもとで元気に遊んでるかなぁ。他のワンコに吠えまくってないかなぁ。

2011-03-17 09:00 | はぴねす | URL   [ 編集 ]

Re: No title 

mugi-biyoriさん

わがままなワンコでしたが(わがままに育ててしまった・・・)、大切なコでした。
虹の橋のたもとで遊びながら、きっと私たちにエールを送ってくれていると信じます。

2011-03-17 09:03 | はぴねす | URL   [ 編集 ]

Re: No title 

まみさん

ほんと、わがままなコでしたが、ここぞという時には思いもかけない優しさを見せてくれるコでした。
だからきっと今も、空から『頑張れ』って言ってくれてると思います。

私もこの時期に悠長にブログを更新していいものか!?と迷いました。
ですが、とある人のツイッターでのつぶやきに共感し、更新を再開しようと思います。
不安な気持ちが大きくて、更新できないこともあるかと思うけど、頑張って更新しようと思います。

嵐丸は月曜日に測ったとき、5.4キロでした。
お父さん犬もお母さん犬も6キロ程度でしたので、それほど大きくはならないかな?と思っています。
去勢したので食べすぎには要注意ですが(汗)


2011-03-17 09:09 | はぴねす | URL   [ 編集 ]

Re: No title 

せーころさん

そうそう!亡くした子の思い出は他の子で埋められるものではない。その通りです。
心の中には今でも溝があります。でも、嵐丸がその溝にふたをしてくれています。
たまにはそのふたをそっと開けて、思い出に浸るのもいいかな、と思う。泣いちゃうけど。
2週間で亡くなっちゃった子がいるんですね。それはツライ・・・。でも、ショップとかで亡くなるのでなく、暖かい家族を少しでも経験させてあげられて、よかったと思います。
きっと苫やその子が空の上で『頑張れ』って言ってくれてるよね。
ガンバロウ!


2011-03-17 09:16 | はぴねす | URL   [ 編集 ]

プロフィール

はぴ

Author:はぴ
★嵐丸★
キャバリア♂(ルビー)
2010年7月22日 熊本県生まれ
2010年9月25日 我が家の一員となりました!
やんちゃ全開、元気いっぱいの男の子です。

★はぁこ★
2013年5月30日生まれのニンゲン♀。
嵐丸さんの最大の敵。
すくすく元気に成長中!

★はぴ★
ニンゲン♀。
嵐丸さん・はぁこのお世話係。
オタク活動にいそしむぐうたら主婦。
好きなことはワンコの散歩と浪費。
嫌いなことは家事全般。

★ダンナちん★
カメラとお酒が大好きなニンゲン♂。
妄想好きなヨメに振り回される日々。
実は猫派。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。